トラック運転手の日常

宮崎牛を安く手に入れました。

コロナウイルスのせいで、インバウンド需要、外食需要の低下でいろいろな食材の価格が低下しているとか。

そのおかげで、地方の人々はかなり困っているらしく

政府が和牛券、お魚券の支給を真面目に考えるほど。

築地では高級海鮮食材の値段が3割以上落ちているとか。

そして、畜産の世界での叫びがTwitterから伝わってきた。。。

冷凍倉庫が満杯になってしまって、牛の出荷がうまくいかなくなっていると。

そうなると、1番美味しい時期に牛が出荷できくなるので農家が困っていると。

そして、そのツイートにはミヤチクという通販サイトのリンクが貼られていた。

これはいかん!というわけで、さっそくミヤチクにアクセス!

すると、驚きのお値段で和牛、しかも、宮崎牛が売られていた。

宮崎牛500gがなんと3500円。

ステーキ用、しゃぶしゃぶ・すき焼き用、焼肉用。

すべてが500g3500円なのである。

これはもう破格中の破格。

普通はね、500gの宮崎牛なんて12000円くらいしてもおかしくない代物。

それがなんという価格で!!

これはもう速攻購入である!

実家にも電話をして、母の日だから!といって、送りつけました。

そして、そのお肉が届きました。

注文してから1週間。今は1ヶ月以上かかるみたいですね。

これ、やばくね?

横幅は、手を電話かけるからねのジェスチャーする時の親指と小指の間くらい。

縦幅は、1番広いところでスマホの大きさぐらいだね。

厚みは5mmから7mmぐらいだね。

それが二枚だよ。

なんて贅沢なお肉なのでしょう。

これは食べるタイミングが難しいね。

3500円じゃ安すぎる・・・・

どうやって食べようかなあ。

最高のステーキの焼き方、調味料を用意して挑もうと思う。

一枚を二分割して4回楽しもう。

今、決めているのはここまでです。

いやー。楽しみ楽しみ。