日記

伊勢旅行記 2日目 そして日常へ

楽しい楽しい伊勢旅行。

伊勢神宮への参拝も終え、宿も堪能!

あとは帰るだけ???

いや、違う。

お楽しみはまだまだあるのだ!

ミシュランガイド掲載の宿 伊勢神泉さすがミシュランガイド掲載の宿・・・ こんなにも素晴らしい宿には泊まったことがない! https://neet-getjob...

伊勢神泉での最後の食事。

夕食のクオリティーは最高であった。

では、朝食は?

人によっては、夕食より朝食のほうが重要!って人もいることでしょう。

なので、朝食もしっかりと紹介するよ。

こちらが朝食!

卵焼きは!!!甘くないやつ!

味噌汁は!!!赤出汁!

ご飯は!!!土鍋炊き!土鍋炊きなうえに、伊勢神宮に納めているお米と同じ!

とてもうまいご飯だったよ。おかわり自由だったらもっと食べてたのに。

土鍋で配膳されたわけだが、家族三人が腹一杯になるくらいの量はありましたよ。

小鉢に乗ったマグロありますよね。漬けマグロになっているのでご飯によく合います!

その他には、カリカリになったゴボウがのったサラダ。

カリカリになったゴボウの香ばしさと、特製ドレシングが素晴らしかった。

温泉水で茹でる湯豆腐。

少し冷えた朝だったので有難かった。

焼き物は、アジの干物とさつま揚げ。

炭火で焼き上げます。

干物の塩加減がまた朝にぴったり!なんですよね。

さすがミシュランの宿!

おかげ横丁を楽しむはずが・・・

朝食を食べた後、内宮近くにあるおかげ横丁に行く予定であった。

おかげ横丁では、ここでしか買えない赤福の三色赤福を買って

一升びんという、松坂牛をおいしく食べさせてくれるお店にいくはずであった。

しかし、一升びんおかげ横丁店は、定休日!

三色赤福は12時30分から販売開始!!

天候は大雨!内宮やおかげ横丁で時間を潰す感じでもない。

赤福は捨てて、松坂市内にある一升びん本店に向かうこととなった。

最高の松坂牛焼肉体験

私30数年生きて参りましたがね。

こんなにうまい焼肉食べたことないっすよ。

そんな体験をさせてくれたのが「一升びん」

もう看板からして最高の雰囲気。

そして・・・・・

見ただけで分かる最高の肉。

3800円のコースを三人前注文。

そこにタンとレバーを追加ました。

レバー、ものすごくうまかったですね。

サクサクしていて新鮮さがよくわかる。

炭火で焼く松坂牛。

余計な油が取れて、あっさりと、驚くほどあっさりと頂くことができた。

結構な量を食べたはずなのだが、まだ入る!そんな不思議な肉。

それが松坂牛。

料金表を見ると、都内で焼肉を食べるよりも安い値段。

そんな値段で最高級牛肉である松坂牛が提供されているのだ。

値段については食べログ等で調べてみてね!

新幹線で帰宅

伊勢、松坂を堪能し実家で一泊。

実家から電車に乗り名古屋駅へ。

名古屋を離れる前にぜひ食べたかったものがある。

名古屋名物きしめん。

きしめんはどこで食べるものか?

それは、駅のホームで食べるのもである。

揚げたての天ぷら、カツオ風味の出汁がもう堪らない!

これを食べなきゃ名古屋に行った気がしない。

きしめんを食べ終えると、新幹線に乗車。

行きと違って飲酒はしないで大人しく帰りました。

車内販売でビールを調達しようと五百円玉をテーブルに乗せておいたのだが

ビールを飲む気になれず結局買わず。

下車の時に忘れてくるという失態を犯した。

新幹線から見えるこの富士山が1番好きな富士山かもしれない。

まとめ

今回の鳥羽、伊勢、松坂と三重県の観光地をふんだんに周る旅。

はっきり言って大成功だった。

鳥羽では牡蠣を食べ尽くし。

伊勢では伊勢神宮詣りとすばらしい食事。

そして、松坂では松坂牛。

どれもこれも想像を超える体験、そして想像を超える味であった。

牡蠣の食べ放題、また行きてええええ。

焼肉一升びん、また行きてえええええ。

両親と一緒にあと何度旅ができるかわからないけども

両親が元気なうちは、旅に連れ出していろいろうまいものや見たことないものを

おごりおごられで楽しくみて回りたい。そう思いました。