トラック運転手の日常

伊勢旅行記 初日①

伊勢旅行初日。

まずは、鳥羽に向かい「牡蠣食べ放題」

牡蠣小屋の予約時間が11時なので朝7時ごろ実家を出発。

我が家の高速道路を用いた旅行では、朝食を食べないのが慣例。

なぜならば、道中のSAで食事を楽しむためである。

当然、どのSAによるのかはリサーチ済み!

今回、白羽の矢が立ったのは「御在所SA」である!!

伊勢旅行記 前日までお正月に実家に帰っていないな。 そう思い立ち、実家に帰省することにした。 実家は中部地方にある。 実家に帰ってもするこ...

御在所SAがめちゃくちゃ楽しい場所だった。

東名新高速道にある「御在所SA」。

正直期待していなかった。

コンビニにちょろっと寄って出発しようかなって感じ。

しかし、立ち寄ってみたら、まあああ良いSA。

外観がすんごい綺麗。

中に入ってみると、すぐ目の前にフードコートが広がっているのだけれど

どの飲食店も最高。特に、お腹を空かせた朝に寄るのが最高。

親子丼、ラーメン、うどん、そしてとんかつまである。

私が注文しのは、あおさラーメン。

伊勢で取れたあおさをふんだんにトッピングしたラーメンである。

塩味のラーメンとあおさの風味がぴったりマッチ。

朝からでもするする胃に放り込める、あっさりさ。

あおさを食べるためについている、穴あきのレンゲがうれしい。

あおさを最後まで堪能しました。

車内で食べるお菓子として、あんまきも買います。

そして、地雷屋の天むす。

栄養を十分に補給して、いざ牡蠣小屋へ。

牡蠣小屋「スギムラ水産」に到着

この牡蠣小屋ものすごくいいね!

予約の電話した時に、牡蠣を自分で焼くのか、店で焼くのか聞いてくれた。

自分で焼くのもいいけど、店の人に焼いてもらったほうが、食べることに集中できて良き!

時間通りに到着し、2700円の牡蠣づくしコースを注文。

早速牡蠣を食べ始める。

この牡蠣小屋の素晴らしい点は、蒸し牡蠣を焼き牡蠣とは別に用意してくれているところ。

焼き牡蠣の焼き上がりを待つ時間も無駄にすることなく、牡蠣のだべ放題に専念できる。

2700円のコースには、牡蠣飯、牡蠣の味噌汁、雪見牡蠣、カキフライが付いてきます。

牡蠣の食べ放題は80分。

牡蠣食べ放題だけだと2100円。

初めて行く人は、2700円のコースを選ぶと良いでしょう。

コースの中では雪見牡蠣がとても美味しかった。

茹でた牡蠣に、大根おろしとポン酢をかけただけのシンプルな料理。

シンプルゆえに牡蠣の濃厚な味わいを楽しむことができた。

指の大きさと比べてみてもらうとわかると思いますが

牡蠣の大きさがものすごい!!

焼き牡蠣、蒸し牡蠣それぞれに美味しさに違いがあって、

じゃんじゃん牡蠣を食べることができる。

びっくりするぐらい牡蠣を食べられる。

食べるというより詰め込む感じだが、満腹になっても牡蠣がじゃんじゃん出てくるので

じゃんじゃん食べてしまう。

まるでわんこそばのように。

これは、開始30分ぐらいの牡蠣の殻入れバケツの様子。

これが、終了間際には山盛りになる。

おそらく30個以上食べたと思う。

80分という時間設定がまた絶妙。

焦ることなく会話を楽しみながら食べ進めることができた。

この牡蠣小屋には来年も絶対に行きたい。

夫婦岩を見に行く

伊勢において、伊勢神宮と並び有名なのが「夫婦岩」

牡蠣小屋から、伊勢神宮に向かう道中にあるので当然寄りました。

うん。夫婦岩だ。

塩っぽい牡蠣を食べた反動で甘いものが欲しくなったので

御在所SAで購入した「あんまき」をたべる。

季節前提の苺入りあんまき。

甘さの中に苺の酸味があってとても美味しかった。

いざ!伊勢神宮!!

死ぬまでに一度は行こう伊勢神宮!

伊勢参りは、江戸の昔から日本人の一大レジャーとして知られています。

死ぬまでに絶対に行ったほうが良いぞ!

伊勢神宮!!

初日②に続きます。