就職関連記事

ニートの就職を支援!脱出ルートを提案。

ニートから抜け出して就職したい!

そんな願望を持ったニートの方、こんにちわ。

今回は、私の辿ったニート脱出のルートを元に

ニート脱出ルートを1つ提案します。

このルートを参考にニート脱出に向けて動き出しましょう!

季節は春か秋がいい

まず、ニート脱出を考えるにあたって、季節というものは重要です。

例えば、冬の寒い朝にハローワークに通おうと意気込んでも

布団から出たり、家から出るのが億劫ですよね。

夏の場合は、ハローワークに行くのが暑いし、スーツを着て面接を受けるのも・・・

汗だくの姿で面接に行きたくないでしょう。

なので、就職活動は、春か秋に行うのがニートには向いています。

5月から6月頭、10月から11月頭。これぐらいの時期が気候も良く活動がしやすいはずです。

気温のせいで就職しようという意気込みが削がれてしまうぐらいなら

家に引きこもる理由を天候に左右されるぐらいなら

夏、冬の就職活動は諦めて、春と秋に動き出せるようにウォーミングアップをしておきましょう!

ニートから抜け出すメンタルの作りかた脱ニートの最初の一歩はこれだ! 気がついたらニートになっていた。 ニートになってしまった人は、なろうと思ってニートになったわ...

季節を待つ間に準備を進める。

就職活動に適した時期があることを説明しました。

では、その帰結を待つ間に何をしておくべきなのか。

それは、短期のアルバイトをすること。

短期のアルバイトなら、面接もあってないようなものだし

自分に合わないと思ったら、違う短期の仕事を探せば良いわけで。

自分に合う職場を探しながら、お金を稼いで就職活動シーズン位備えましょう。

就職活動を始めると、履歴書代、交通費、食費、クリーニング代など

結構出費が嵩みます。

就職活動資金を貯めるという目標を持って仕事に取り組みましょう。

いい加減な気持ちで働いても意味がありません。

この短期のバイトは、就職活動資金の捻出だけでなく

履歴書、職務経歴書のネタを探す期間でもあります。

履歴書に何をかけるのか、面接でどういうことを言えるようになるのか

イメージしながら働くと、書類作りが順調にいきます。

職務経歴書に厚みが足りないな。と思ったら、次の秋、次の春を目標に

短期のアルバイトを続けたり、長期のアルバイトを始めて、シーズン到来を待ちましょう。

当然、来年になっても再来年になっても良いのです。

お金を稼ぎながら、自分の向き不向きを知り、自分に自信を取り戻すことが大事なのです。

 就職活動資金で何を買うのか

就職活動資金がある程度溜まってきたら

体のサイズにフィットしたスーツを買いましょう。

スーツ量販店で吊るしのもので良いです。

価格も2万円くらいのもので良いでしょう。

昔着ていたスーツで面接に向かうことはオススメしません。

ニート生活で太ってしまったり痩せてしまったり

体型にフィットしていないスーツを着ていると、だらしなく見えてしまいます。

なので、最初に自分の今の体型にフィットしたスーツを買いましょう。

次に、体にフィットしたスーツを着て、床屋か美容院に行きましょう。

「就職活動をしているので、それっぽい髪型にしてくれ」

そのように注文したら、床屋か美容師の人が雰囲気にあった髪型にしてくれます。

床屋に行く場合は、若い店員さんがいる店で、若い人に切ってもらいましょう。

髪を整え終わったら、写真館にすぐに行ってください。

オススメはデパートに入っている写真館です。

品質は一定だし、撮影者もしっかりと教育を受けいています。

撮影ブースも本格的なものです。

整ったスーツ、整った髪型で、しっかりと写真を撮ってもらう。

とても重要なことです。

絶対に一人で悩まない

これも重要です。

ニートが一人で就職活動に臨んだところで負け戦はほぼ確定しています。

履歴書の書き方、職務経歴書の書き方は習わないと上達しません。

履歴書、職務経歴書が一定のラインに達しないと、面接に行くことすらできません。

今は、ニート、フリーター向けの就職エージェントがいるので

その人、その会社の力を借りましょう。

エージェントの方は、転職のプロ。

履歴書、職務経歴書を書く時、自分をウソなく良く見せてくれるポイントを教えてくれるはずです。



民間のサービスに頼らなくとも「ヤングハローワーク」を利用する手もあります。

面接の練習もプロの方と行った方が間違いなく上達します。

焼き付け場の受け答えでは、せっかくの面接の機会も無駄になるだけです。

履歴書、職務経歴書の作成、面接の練習に臨む中で、人との接し方を思い出していきましょう。

特に、ニートをやっていると時間感覚がおかしくなっているので

エージェントの方との約束、履歴書等の下書きの締切、会う場所、会う時間を守ることを大切に。

履歴書は手書きか、PC作成か履歴書は手書きか、PC作成、どちらがいいのか? アルバイト探しや、就職活動をしていると 履歴書は手書きなのか、それともPC作成か...

就職先を探す

ここまできてようやく就職先の検討を始めましょう。

履歴書、職務経歴書を書く中で自分に合った職業や働き方が見えてくると思います。

それをエージェントの方やハローワークの人に伝えて、就職先を探しましょう。

アルバイトの経験を活かせる場所を選ぶのか、新しい職種に挑戦するのか

昔からやってみたかった職業に挑戦してみるのか自由です。

私のオススメは、自分のやってみたい職業を最初に受けてみることです。

最初に何個か練習で受けてみてから、本命に挑むのも手です。

しかし、あなたが本命にしている仕事は他の人も間違いなく本命にしています。

なので、その求人が有効なうちにちゃっちゃと受けちゃいましょう。

それで受かればラッキー、受からなければ実力不足。

単純明快で後悔がありません。

本命の会社に向けて自分が取り組んだ姿勢を次の会社を受けるときに活かせば良いのです。

自分をより良くアピールできるようになっているはず。

そして、正社員で経歴を重ねてからもう一回受けてみれば良いのです。

ニート、アルバイトでも正社員歴があった方が見栄えがよくなりますから

受かる確率も上がるはずです。

資格を取ってみる

求人票を見る中であることに気がつくと思います。

資格がある人優遇。

その資格は、運転免許だったり、フォークリフトだったり、ワードエクセルだったり様々。

就職活動を有利に進めるために資格を取得しておくのも手です。

1番安くて簡単で仕事に直結する資格は、フォークリフトの資格でしょう。

ニートはフォークリフトの資格を取ろう!ニートは、フォークリフトの資格を取得しましょう! フォークリフトの資格を取ると、アルバイトにしろ正社員にしろ選択肢が広がります。 ...

フォークリフトの資格に限らず、ニート期間のうちに資格を取っておくことは有効だと思います。

自分は働く準備をしてきたのだというアピールになります。

働くにあたって、スキルの習得に積極手であることも見てもらえます。

フォークリフトの資格が必要のない職場を望んでいたとしても

今後の保険としてフォークリフトの資格を取ることはオススメです。

入社後の会話の種にもなりますしね。

オフィスワークを希望している人は取らなくても良いです。

そのお金でワードやエクセルを使いこなせる教育を受けましょう。

まとめ

ニート脱出のルートの一つとして私が提案するのは

春か秋に動けるように準備をすること。

短期でもいいから働くこと。

次に、スーツや写真を撮影する

人と相談しながら就職活動を始めること。

この4つを順番にこなしてみましょう。

資金に余裕があれば資格の取得にも挑戦すると良いです!

ニートからすぐに正社員になれる人は、少数です。

いきなりの一発逆転は狙わないで、一歩ずつ、一歩ずつ、自分のペースでことを進めていきましょう!