記事

ドライブでGoogle Mapsを便利に使う技!

誰もがスマホにダウンロードしているGoogle Maps。

電車の乗り換え案内、カーナビ機能、飲食店のレビュー。。。

いろいろな使い道があります。

私はトラックの運転手をしています。

なので、ナビゲーション機能を多用することが非常に多いです。

最初は、カーナビとし使うには不便を感じていましたが

カーナビとして何度も利用するうちに、便利に使右ことができるようになりました。

Google Mapsをカーナビとしてより便利に使う方法を紹介します。

Google Earthとの併用でより便利に

カーナビって道順だけ出されても不安。

市販されているカーナビは、基本的に現在地から、目的地までの道順を教えてくれるだけです。

Google Mapsを利用して経路を検索すると、経路を見ることはもちろんできますが

地図をズームし、曲がる交差点にどのような建物があるのか等

より多くの情報を手に入れることができます。

例えば

交差点の様子を事前に確認しておくことで、右左折レーンで失敗することが防げます。

交差点の名前、近くにあるランドマークを事前に確認しておけば、ナビゲーションの音声に惑わされて

曲がる角を間違える。なんてことは起こりません。

目的地の入り口の様子を確認しておくことで、入り口に入るに当たってどのような危険があるか予測できます。

道路の分岐地点を事前に確認しておけば、分岐の直前で車線を変えるという危険な走行をしなくて済みます。

Google MapsはGoogle Earthと併用することで真価を発揮するのです。

経由地の入力でストレスを軽減

うわ!狭い道に案内された!

こんな経験、カーナビ利用者なら誰にでもありますよね。

それを防ぐために、私は経由地の追加機能を使って、狭い道に案内されることを防いでいます。

まずは、いつも通りに経路検索をしましょう。

経路検索をするとルートが出てきます。

最短時間で目的地に着けるルートを出してくれるので

渋滞があると、その渋滞を避けようと、脇道に案内されているはずです。

そういう時に経由地の追加機能を使うと、広い道から外れない経路を作ることができます。

作った経路をメモに保存していつでも呼び出せる

頑張って経路を作ったけど、毎回設定は面倒だ!

Google Earthでの経路確認、経由地の入力で、自分に合った道順を作成しても

毎回毎回、入力するのは面倒ですよね。

旅行の前日に経路を確認して自分に合ったルートを作っても

翌日までに誤操作をして経路が消えてしまう。

友達のドライブで、経路を共有したい。

そういう時は、iPhoneならばメモに保存しましょう。

メモに保存しておけばいつでも作成した経路を呼び出すことができます。

メモに保存すれば、LINE等、ファイルを送れるアプリを使えばすぐに共有することができます。

 

これらの機能を使えるようになると、ストレスなく、快適なドライブができるようになるはずです。

ぜひ、試してみてください。