未分類

せいこ蟹を食べたよ

楽天カードマンをやっていると、期間限定ポイントなるものを多く手に入れることがある。

100Pぐらいだったら、まーしょうがないかって捨てることがあるんだけど

今回は1200Pくらい期間限定ポイントがあったので、使うことにした。

特に欲しいものもなかったので、旬のものを食べようと思い

せいこ蟹を注文。

せいこ蟹とは、ズワイガニのメスのこと。

ズワイガニのメスは、一度産卵すると、もう成長しなくなるので

よく街に並んでいる蟹のようには大きくならない。

なぜその蟹が、旬の味なのかというと

うちこ、そとこと呼ばれるものを持っているからである。

うちこ、そとこを持つ蟹が取れるのは、産卵時期の今だけ。

しかも漁期が限られているので、11月から12月にかけてしか味わうことができない。

うちこ、そとこ、蟹味噌を味わうためにあるのが、せいこ蟹だ。

うちこは、卵巣。そとこは、卵のことである。

今まで一度も食べたことがなかったので、社会勉強の一環として食べることに。

大きさとしては、甲羅の部分がタバコの箱くらいの大きさだと思ってもらえれば

全体的にこんな大きさかなて想像がつきやすいだろう。

これが「そとこ」である。

食感は、とびっこのようであるが、とびっこのように硬くはない。

いい感じの塩加減で美味であった。

蟹の甲羅をひっぺがすと

蟹味噌と「うちこ」が出てくる。

蟹味噌の近くにあるオレンジ色の物体が「うちこ」である。

まったりと濃厚で、卵の黄身のような感じ。

蟹味噌の風味と合わさって、非常に美味であった。

蟹の肉も、足、肩に詰まっていて美味しくいただけた。

ちまちま食べるのが好きな人にはたまらないだろう。

僕は、ちまちました作業があまり好きではない。

なので、蟹の足は、圧力鍋で煮込んで蟹スープにして飲むことにした。

明日からのシーフードスープ非常に楽しみである。