人生を振り返る

自分の人生をざっと振り返って見る。その④

自分の人生を振り返るこのコーナ。結構楽しいね。

最近に近づくにつれて、筆が乗ってくるのが面白い。

そして、ブログに書き留めていた当時の俺を褒めてやりたい!

自分の人生をざっと振り返ってみる。その①私は、ニートでした。 なぜニートになるという道を選んだのか。いや、選ばなければならなかったのか。 今回の記事では、それを思い...
自分の人生をざっと振り返ってみる。その②その①では、高校から大学卒業、ニートになるまでを振り返った。 https://neet-getjob.com/?p=1026 ...
自分の人生をざっと振り返ってみる。その③その①では、高校卒業からニートになるまでを振り返り。 https://neet-getjob.com/?p=1026 その②...

そろそろ働こう・・・・

なぜその心境の変化が起こったのか、自分でもよくわからない。

25歳を過ぎて、30歳までにはなんとかしなければ!

という、心の奥底にある感情がそうさせたのかもしれません。

何をして働こうかなと色々検索していると、「期日前投票のバイト」が美味しい。

という、情報を手に入れた。

早速、派遣会社に登録をし、期日前投票事務のバイト応募。

約二週間、期日前投票のバイトに従事し、11万円ほどのお金を手に入れることとなった。

手に入れたお金は、ずっと欲しかったCDの購入、キンドル購入に充てた。

一度簡単な仕事につき、働いてみることでお金を稼ぐ楽しさを思い出した。

よし、そろそろ働きどきだ!!

本格的に働き始める。なぜならば・・・・

過去のブログを読んで見ると、「よし!働きどきだ!」から6ヶ月。

ようやく、早朝のアルバイトに応募し働いているね。

よし働かねば!からの鈍足具合がもうニート全開!

朝4時ごろから8時過ぎまでのアルバイトである。

労働時間は短時間、契約期間は2ヶ月、リハビリとしては良いアルバイトだった。

大変でもなく、楽でもなく、夏の暑い時期ではあったが順調に契約期間を全うした。

働き始めた大きな理由は、Munford & Sonsの単独公演に行きたかったから。

Mumford & Sonsの公演に行ってきたぞ。 皆様ご無沙汰しています。 久しぶりの更新ですね。 全くネタがなかったのですいません。 生きねば。 ...

Munford &Sonsとの出会いは、その②に書いたので、ぜひそちらを読んでほしい。

どうしてもライブに行きたかったから働き始めたのだ。

Mumford & Sonsは、新作のアルバム「BABEL」が、全米で大ヒット。

グラミー賞の最優秀アルバム賞を獲得。世界を揺るがす存在になっていた。

僕の時計の針は止まったままだったが、Munford & Sonsの時計は進み続け

世界を何周もしている。奇しくも彼らとは同い年で大いに刺激された。

彼らの活躍と熱量が、僕の時計の針を動かしたのである。

僕は勝手に彼らに対して、運命を感じている。なので今も大ファンだ。

バイト代で手に入れたものが、世界を広げた

2ヶ月の短期のバイトで得られたお金は、12万円ぐらいだったかと記憶している。

そのお金で、まずライブのチケットを買いました。当然、ライブを満喫!最高だった!

残りのお金であるものを購入する。この選択はものすごい正解だった。

自転車を購入したのである。

自転車を買って、無職・ニートから抜け出そう無職・ニートが自転車購入で得られるもの 今回は、無職・ニートが自転車を購入するメリットについて書きます。 自転車を購入すると、行...

自転車は、ママチャリを持ってはいたが一度パンクしてしまってからは全く乗っていない。

タイヤの空気もスカスカで、もう二度と乗る気にはならなかった。

ママチャリを買っても、面白くないなってことでクロスバイクを購入した。

ジャイアントのエスケープの一番安いクロスバイク。

3万以上の買い物をしたのはものすごい久しぶりだったので

ものすごくテンションが上がったよね。

テンションが上がり過ぎて、サイクリングを毎日3時間ぐらいやってしまった。

2ヶ月はサイクリングに費やしたと思う。

当然無職の状態で!アホでバカだよな!

サイクリングにも飽き飽きしてきた頃に、求人のチラシを見ていると

あるアルバイトを発見する。

勤務時間は短め、力仕事で痩せそう、簡単そう、家から近い。

コンビニ向け飲料ピッキングの仕事である。

体力ガッツリな仕事で、目を覚ます。

早朝のアルバイトや、自転車遊びで多少の体力と労働意欲を得た。

自信を多少取り戻したので、ピッキングの仕事に応募、採用され働き始める。

働き始めて1ヶ月経たないうちだったと思う。

母方の祖母が死んでしまった。

この時ほど、自分がニートのままであることを恥じたことはなかった。

正社員、せめて、しっかりとしたアルバイトとして働いて、祖母を安心させたかった。

後悔しながら、葬儀に参加したことを今でも覚えている。

親戚筋と会う時の気まずさもめっちゃ覚えてるw

祖母の死が、僕の人生に与えた影響は大きかったと思うね。

もっとしっかりしなきゃダメだ。ちゃんとした生活に戻らなければ!

決意を固めたのは、間違いなくこの時だ。

おそらく、この決意が仕事に現れたのだろう。

黙々と、自分の出せる力を精一杯出し切って働いた。

アルバイトという存在ではあったが、ピッキングの仕事のことは今でも誇れる。

めちゃくちゃ頑張った!

自分の人生をざっと振り返ってみる。その⑤おうおう、とうとう半分まできたね。 さて、お話はまだまだ続くのじゃ・・・・・ https://neet-getjob.com...