大型自動車免許取得

信州伊那自動車教習所で、大型免許を取ってきたよ!Part.1。

信州伊那自動車教習所で大型免許を取ってきた。

はい、というわけで、無事に大型免許を取得いたしました。
12泊13日の予定から2日間オーバーいたしましたが、無事にw
今回私がお世話になったのは、信州伊那自動車教習所。
東京の新宿からバスで3時間半ほど、長野県伊那市にある自動車教習所です。
私は、普通MT所持者で、大型免許コースに参加。
他に、大型特殊、牽引も取得できるコースがあります。

なぜ、信州伊那自動車教習所を選んだのか?

《合宿 大型免許》で、検索すると、全国津々浦々様々な教習所が出てきます。
みなさん、それぞれの料金や、宿泊施設、食事等で検討されることかと思います。
私が一番重視したのは、教習延長になった場合の待遇。
MT車乗車が普通免許取得以来、8年ぶりぐらいだったので
延長後の待遇というのが非常に気になっておりました。
信州伊那自動車教習所は、教習延長になってしまった場合も、個室を確保してくれます。
それに加えて、5日間までなら、利用予定のホテルに滞在させてくれます。
5日間を過ぎると、普通車教習を受けている方々と同じ宿舎の個室になります。
そして、いくら延長になっても追加料金が一切かからないという夢のようなシステム。
個室滞在が確保されて、追加料金が一切かからない。
この点に惹かれて、私は、信州伊那自動車教習所を選びました。

入校当日の流れ

入校当日は、8時30分新宿発のバスに乗り込み、伊那を目指します。
中央道をひた走り、途中休憩は、双葉PAのみ。
バスにトイレが付いていますので、おトイレの心配はそうなさらずに。
伊那行きのバスは、1000円追加すると、お一人様シートを選択できます。
お一人様シートを購入すると、隣あった2席が確保され、ひろびろ隣を気にしないで
目的地を目指せるという大変お得なシステムなんですね。
たかが3時間とはいえ、高速バスでの移動は結構しんどかったです。
お一人様シートを取る際は、トイレの前の席と言って予約するのがおすすめ。
席のすぐ後ろが、トイレになりますので誰に気兼ねすることなく、背もたれを倒せます。
トイレに行く人はそうそういないので、バタバタした感じは全くないです。
伊那に到着すると、バス停留所まで教習所のワンボックスカーでお迎えに来てくれます。
このワンボックスの中で、当日流れの軽い説明をされ、教習所に到着。
宿泊先に寄ることなく、教習所に案内されます。
教習所に到着すると、写真を撮影し、視力検査を受け、必要書類に記入。
そのあと、昼食になります。
昼食は、教習所とは別にある施設での食事になります。
食事のあと、教習所に戻り、入校のオリエンテーション。
この時に、滞在中の教習の予定表が配られます。
オリエンテーションが終わると、早速、大型車に乗り込むことになりますので
心の準備をよくしておきましょう。
仮免を取得するまで、第一段階の教習は、一日2コマしか入れることができないので
2コマ乗ったら、初日の日程は終わりとなり、宿泊先のホテルに向かうことになります。
教習所から宿泊先のホテルまでは大体10分ぐらいです。
送迎の車に乗ってホテルに向かいましょう。
ホテルに着いたらあとはフリータイムです。
ホテルのレストランのオープンは午後6時。それまでのんびり過ごします。