未分類

元ニートが読む「メグ・ジェイ著 人生は20代で決まる」第一回

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

本の紹介。
人生は20代で決まる
著メグジェイ
 メグジェイは、アメリカの心理学者で、カウンセラー。
20代が主な研究対象であり、多くの20代の若者にカウンセリングを行っている。
そのカンセリングで気がついた20代の重要さを世に広めるべく
「人生は20代で決まる」を執筆した。
メグジェイが、カウンセリングを通して出会った若者を例に上げて
20代に必要なことを解説する。 

 この本を読み終える頃、僕の意識はどう変わっているのかいまから楽しみだ。
そして、読み終えた頃、なにかきっかけを掴んでいるはずだ。
そう思うに十分なインパクトを持つ序章から始まる。
序章から僕は心が痛くなった。
本の向こうにまさに自分がいるからだ。
自分の人生なのに積極的になれないで、目の前のこともこなせない。
久しぶりにあった友人との差に愕然とする。
そして、その差は一生埋まらないものだと信じきって絶望してしまう。
そんなカウンセリングに訪れた女性の嘆きから、この本は始まった。
序章では、なぜ今20代を浪費する人が増えているのか。という点を
世間の移り変わりと彼女をモデルに解説している。
僕も彼女と同じだ。
自分が何者かもわからない、まともに履歴書もかけない。
そして、踏み出す勇気がなく
もっと計画的に生きなければならなかった。
毎日そう嘆いている。
20代は残り二年しかない。
 もうどうしようもないから投げてしまえばいいのか?
そんなことはしたくない。
人並みに生活を送りたいから。
そんなことはしたくないから、僕はこの本を買うことにした。
僕に必要なことが書いてあるはずだと信じて。
 
なんとなく20代を過ごすことの愚かさを味わうのは
今ではなく、30代以降のようだ。
結婚や、収入の目処はつかず、昇給どころか、これといった仕事もない。
そんな状況になった時に
20代の時になんとかしていれば・・・・。
人々は口をそろえて、そう言うようだ。
薄々気がついていたが、放ったらかしにしていた。
なんとなくなんとかなるような自信があった。
しかし、そうはならないようだ。
30になった頃、何かが劇的に変わると思ってはいなかったか?
僕は、この本の序章読んで、自分と向き合うことができたような気がしている。
うまく言い表すことのできなかった僕の心の中が書いてあったからだ。
自分の人生なのに積極的になれないで、目の前のこともこなせない。
久しぶりにあった友人との差に愕然とする。
そして、その差は一生埋まらないものだと信じきって絶望してしまう。
言い知れない不安を抱えているのは僕だけではなく
世界中の20代に共通していることだということに気がつけただけでも
読む価値があったのかもしれない。
うまくまとまらない(;・∀・)
精進せねば・・・。
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。