未分類

自作履歴書の便利さに気がついた。

履歴書を自作する最大の利点は
自筆の苦労(誤字脱字丁寧さ時間)から解き放たれること。
YAHOO知恵袋等では、
自称元人事部長による「手書きのほうが心が伝わる」
なんてことがコメントにあって、本気な時ほど自筆してきたわけだが。
手書きじゃなきゃダメ!なんて時代遅れな企業はもともと縁がなかったんだと考えましょう。

こんなコメントもあった確かにそちらのほうが正論だ。

私は、後者のコメントを採用することにした。

市販、ハロワ配布の履歴書の欠点は、自己アピール欄の小ささだ。

あの小さい自己アピール欄に何を書けばいいのか、どんな文字の大きさで何文字で書くのか。
なんてつまらん悩みごとにも時間と精神を取られていた。
自作なら多少なりともPCのスキルを見せられる。
自作に変えてみると、名前、住所電話番号、学歴職歴、資格欄は、表1ページで済む。
なんてことにも気がついた。
空白の履歴書を、見た目だけでも空白でなくできることに気がついた。
すると、裏面が丸々自分のために使えるということにも気がついた。
長所短所から、目標までたくさん書ける。
特に、僕は吃りがあって、面接であまり上手に喋れない。
相手が聞き取るために必要な材料にもしたいし
面接で聞かれなかったとしても、履歴書に書いておくことで
多少なりとも良いアピールになるのではと思う。
自作だと、アルバイト用、正社員用と使い分けることも出来る。
正社員用では、自己アピール欄を最大に使うため、職歴は別紙にする。
というより、職務経歴書が別に提出を求められるのでそっちに書けばいいのだ。
アルバイト用では、職務経歴書は添付する必要性はないけど
アピールの一環として用いたいので学歴職歴欄を多くとった。
職歴欄には本来職歴には含まない自分のアルバイト歴とアルバイトでの経験を一言添えた。
スペースが稼げる上に、アピールも出来る。
アルバイトでは
金が稼げる、時間とマッチする、家が近いなんて薄っぺらな志望動機しかないので
志望動機欄は薄っぺらくてもいいのだ。
そんな風に、融通を利かせられる自作履歴書はすばらしい。
私は、エクセルで自作履歴書を作成した。
ワードのテンプレに履歴書があったのだけれど、自作したほうが使いやすかった。
自分で調節しながら使えるということに気がつけたので、自作にして大正解だったわけだが。
ネットに転がってるテンプレも巡回してみる価値はある。
自作履歴書のイメージも広がってくるだろう。
この欄はどういう風に、線を配置すればいいのか、どこに配置すればいいのか
そんな疑問を解くのには最適だ。
みなさんも自作履歴書を作ってみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。