期日前投票のアルバイト

第三回選挙事務バイト講座

とうとう、6月に入りましたね。

期日前投票事務のバイトが熱くなってきました。

検索すると、参院選挙期日前投票事務の求人が引っかかるようになってきました。
新聞の日曜求人広告にも目が離せなくなってきました。

派遣登録の場合、登録説明会の日取りがあるので早いほうがいいでしょう。

やってみたい方は、今動きましょう。

このまま順調に行けば選挙は、7月21日投開票。公示日は7月4日。

期日前投票の期間は7月5日~20日までの16日間です。

週2でお休みがもらえるシフトだとして12日ぐらい働ける。

日給1万円だとすると、12万円も稼げるわけです。

期日前投票事務を考えている人は、そろそろウォーミングアップを始めましょう。
二週間ほどの期日前投票事務のアルバイトで、まとまったお金を稼ぎましょう。
特に、第二回は重要です。
読んでおいてください。
第三回目は、派遣登録を済ませてから、実務につくまでの解説です。
派遣登録を済ませ、派遣会社に希望出勤日、希望勤務地を伝えたあとは
数日後、自治体で開かれる説明会まで、暫く待機ということになります。
希望出勤日のアドバイス、初日~3日目には必ず出勤しましょう。
初日~3日目は、比較的暇な時間帯が続くので
その際に、一日の流れ、機械の操作等を体に叩きこみましょう。
説明会では、選挙事務に関する決まり事や、実務を説明されます。
例えば、実施される選挙の概要。
当日の一日の流れ。人員の配置と役割分担。機械の操作方法。
一時間から二時間の間で行われます。
ここでもらえる書類は、実務につくまで何度も読み込んでおきましょう。
機械操作の練習には積極的に参加しましょう。
一度、機械の触り方に慣れておけば、現場でも十分対応できると思います。
それぐらい簡単な機械操作ですので。
皆さん期日前投票選挙事務のバイトをやりたい方は、早速動きはじめましょう。

ブログランキングにご協力お願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。